読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Astro SURI Holdings Inc. 広報ブログ

本物の基幹システムをつくるアストロ数理ホールディングスの広報ブログ。いろんな記事を書きます。

職場のランチ事情 〜三軒茶屋 番外編〜 タイムスリップできる三茶の "美味しい" スポット 前編

f:id:astrosuri:20170426174340j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

長らく放置していた、職場のランチ事情。

復活の今回は、ちょっと番外編でご紹介します!

 

一瞬でノスタルジーな気分に浸れるタイムスリップスポット・三茶

三軒茶屋の魅力はなんといっても昔ながらのごちゃっと感ある街並み、そしてそこに立ち並ぶ飲食店、じゃないでしょうか!

 

f:id:astrosuri:20170427171943j:plain

通り抜けられるの!?と思わず息を飲む路地裏

 

日曜日は歩行者天国になる商店街や、ぎゅっとお店が密集するアーケード街や、

f:id:astrosuri:20170427172437j:plain

三軒茶屋を象徴する、赤提灯の居酒屋エリア"三角地帯"

夜になるとすごい賑わいです。

 

そして何よりもノスタルジーな気分に浸ることのできる、三茶の名所「千代の湯」

f:id:astrosuri:20170427174336j:plain

不安になるほど趣のあるトタンに囲まれた、ちっちゃい入り口。

f:id:astrosuri:20170427175042j:plain

f:id:astrosuri:20170427175232j:plain

もちろん中は写真撮影できないので、外から。

中に入ると、これぞ昔の銭湯といったアイテムが盛りだくさん。最近なかなか見なくなった番台や、背中を加減なくゴリゴリしてくれる昔ながらの按摩機。

壁はもちろん富士山です。中にはスチームサウナまであります。

 

…と散々言いながら、この気合いの入ったレトロ感に怖気付き、私は入ったことがありません。でも夜一人で入っていく若い女性をよく見かけます。クセになるよう。

 

と、前置きが長くなりましたが、千代の湯のように、街並みの中にすっと溶け込むタイムスリップスポットが三茶にはたくさんあります。

今回は、お昼休憩の1時間・仕事に疲れた帰り道にふと立ち寄って非日常感を味わえる、"美味しい"タイムスリップスポットをいくつかご紹介します!

 

ランチならここ!

《喫茶店 セブン》

f:id:astrosuri:20170427180631j:plain

246沿いの銀だこ脇の道を入るとすぐ出てくる、雰囲気ある喫茶店。なんと創業50年以上とのこと。

f:id:astrosuri:20170427182603j:plain

最近ではなかなか見られない、箸上げ食品サンプルが入り口でお出迎え。

f:id:astrosuri:20170427182740j:plain

色合いがものすごくレトロな、年代感じる内装と家具。
入り口では想像してなかった奥行きある店内は、本当に小旅行へ来た気分です。

f:id:astrosuri:20170427183002j:plain

喫茶店といえばやっぱりナポリタンでしょう!!!この太い麺、玉ねぎ・ピーマン・ベーコンのベーシックな具。ケチャップがよく合います。本当に昔懐かしのナポリタン、小学校の給食を思い出します。

f:id:astrosuri:20170427183242j:plain

この具だくさんカレーも絶品でした。子供が大好きな味。

ルーが具だくさんすぎてスプーンが上手く抜けないので、ちょっとずつルーをかけるのは諦めて豪快にいってください。

 

二階席もあるので、子供連れで行っても過ごしやすいお店です。喫茶店を絵にかいたような定番のパフェやあんみつもあります。

お店の一番人気は「オムナポ」とのこと。ノスタルジーを感じるなら一押しのお店です。

retty.me

 

《てっぱん焼 ポパイ》

三軒茶屋駅北口出口近くにあるみずほ銀行脇の道を進むとすぐにある、鉄板焼き屋さん。ここも40年近く続く、三茶の老舗。

この扉に貼られた店名のデザインが、昭和感を後押ししています。

店内はそこまで広くなく、大きな鉄板がのった6人がけくらいのテーブルが2,3個あるだけなので、ランチタイムは相席になることもしばしば。

壁には年季を感じる色あせた手書きメニューが並びます。

f:id:astrosuri:20170427190556j:plain

ランチタイムは、鉄板焼きではなく定食メニューになりますが、どれもご飯が進む味。

中でも目玉焼きとミニハンバーグが乗ったミックスカレーは、お店の一番人気でなんと500円!!

すごいコスパです・・。

そして時期によっては、なぜかお店の真ん中におでん鍋がどーんと設置されています。

f:id:astrosuri:20170427191252j:plain

テイクアウトも可能らしいです。が、今年はGWの前後で終了とのこと。

お急ぎください。

 

夜の鉄板焼きも絶品らしい!

retty.me

3時のおやつならここ!

《氷 石ばし》 

f:id:astrosuri:20170427193432j:plain

店先に氷の暖簾が下がった、これぞ、かき氷屋さん!!

246を用賀方面に進み、世田谷郵便局に向かって少し下り坂になるところを左に入ります。

昭和37年から続く氷問屋さんで、夏はかき氷屋さん・冬は種子島の安納芋の焼き芋屋さんになります。

f:id:astrosuri:20170427193729j:plain

店内にはなかなかお目にかかることのできない年季の入ったかき氷機があります。

でも、隣の電動式の方が使い易いそうで、お願いしないと電動になります。笑

f:id:astrosuri:20170427193933j:plain

豊富な種類のかき氷。

私は毎回紅茶ミルクです。

オーダーすると毎回、「創業からずっと一番人気なのよ!」って教えてくれます。

f:id:astrosuri:20170427194237j:plain

このガラスの重厚感ある器が、さらに美味しくしてくれている気が。

冬に焼き芋をやっているおかげで提供できるらしい、安納芋のかき氷はものすごい濃厚。氷の上にかかる、芋感が残った真っ黄色のシロップは、一度体験してもらいたい味です。

 

今年のかき氷営業もスタートしたようです! 

retty.me

 

さいごに

夜の飲み屋さん編も書こうと思ったのですが、長くなってしまったので、今回はこの辺で。

次回は番外編の後編として、タイムスリップできる三茶の "美味しい" スポット〜飲み屋さん〜を書きたいと思います。

(ランチブログではないですね笑、番外編としてご容赦ください・・)

 

ノスタルジー感ありながら、会社帰りにふらっと1人で立ち寄れるお店、みんなでワイワイできるお店。

是非お楽しみに!