読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Astro SURI Holdings Inc. 広報ブログ

本物の基幹システムをつくるアストロ数理ホールディングスの広報ブログ。いろんな記事を書きます。

【取材いただきました!】システムにおけるデザインとは?人間中心設計で実現する、業務システムのUI

f:id:astrosuri:20160428202506j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

こちらの写真に写っているのは、弊社チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)の久保。本ブログでは、企業ロゴの回で少し紹介させていただきました。

astrosuri.hatenablog.com

 

チーフ・デザイン・オフィサーって珍しい?

新しいWebサービスやアプリケーションが日々発信され続けている今、洗練されたデザインやインターフェースであることは、一般消費者が手にするサービスを選ぶ上で、当たり前の価値になっていますよね。

こういった領域で活躍する多くの企業では、チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)やチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)といった役職を設けるなど、デザインを事業における重要な位置付けとして考えることがとても多くなってきています。

Appleも、2015年に新たな役職としてCDOを設けたことが話題になっていました。

 

そんな中、たまに「業務システム開発の会社でCDOという役職があるのは少し珍しいね」とお声がけいただくことがあります。

 

でもでも。

毎日見るWebメディアも、毎日触る勤怠システムも、同じ人間が使うシステムなのであれば、同じようにデザインに重きをおくことは全然不思議なことではないはず。

弊社はそういった「人間が効率的に心地よく使うシステム」であることを前提に、システムのUIや、アーキテクチャ設計を考え、開発します。

 

その想いのもと企画・開発される弊社ソリューション「AstroBlasterシリーズ」。

久保はこのシリーズすべてのデザインを統括しています。

 

SELECKさんに取材いただきました!

今日は、システムにおけるデザインの役割や考え方ついて、久保へのインタビュー取材をいただきました!

取材いただいたのは、「ビジネスに役立つ知識・経験が集まるビジネスメディア」をテーマに記事を配信している、WEBメディア「SELECK」さん。

seleck.cc

エンジニアやデザイナーにとってのライフハックはもちろん、プロジェクト管理やセールス、バックオフィス業務など、企業経営にかかわる様々な情報が集まっています。

話題のスタートアップが語る自社プロダクト開発の裏側や事例など、興味深い情報が満載です!

 

実際の取材内容は、SELECKさんの記事をお楽しみに!

ここではどんな様子だったのか写真を撮らせていただいたので、すこーしレポートします。

 

これまでの経緯や、会社設立のきっかけからインタビュー開始

f:id:astrosuri:20160428203922j:plain

久保です。

インタビュアーの方から質問をいただく形で、今までの経歴やこの会社を設立するに至った経緯、今考える自分のミッションなどなど話題が展開されました。

私自身、広報=ブランディングにかかわる業務として久保と常に連携をとっていますが、初めて聞く話しもあったり。。新鮮でした。

f:id:astrosuri:20160428222832j:plain

インタビューの様子を写真撮影いただきながら進みました。

なぜか写らないわたしが少し緊張・・

 

弊社の製品や独自の開発手法に関連するお話しも

f:id:astrosuri:20160428223104j:plain

 インタビュー中盤では、弊社ソリューションの話題に。

 

「人間が効率的に心地よく使うシステム」を作り上げるために何よりも重要な、独自の開発アプローチについてもお話しさせていただきました。

f:id:astrosuri:20160428223902j:plain

従来のシステム開発では、まず担当者や、お客様の業務プロセスを管理・提案するコンサルタントが、要件定義を行います。そこで固まった要件に従ってエンジニアチームが開発を行い、最後にデザイナーが、フロントのデザインを行います。

 

しかしこのフローにおけるデザイナーの役割は、あくまで「スタイリング」。

開発が完了している時点で、デザイナーが施せるのは見た目の調整までで、業務の流れに沿ったユーザの動線に最適な画面のデザイン、つまり画面設計は、デザインの専門家ではないエンジニアが対応してしまった、といった状況になります。

その結果、ユーザが求める本当の使いやすさは担保されなくなってしまいます。

 

AstroBlasterの開発手法では、まず業務調査からプロジェクトを開始し、そこで最適化された業務フローをシステムに反映するための要件定義には、コンサルタント・エンジニア・デザイナーすべてが関わります。

業務フローに沿った設計・デザインを固めた上で、システムのプロトタイプとなるモックアップをデザインチームが作成。お客様に、実際自分たちが使うことになるシステムの想定画面を見ていただきながら要件を詰めていきます。

ここでデザイナーが入ることで、システムの設計にユーザ視点が反映され、お客様との認識のズレを解消しながら開発に進んでいくことができるようになります。

f:id:astrosuri:20160428225045j:plain

実際に久保が携わっていた開発プロジェクトの事例をあげながら、まだ今の設計ルールや弊社オリジナルのライブラリが出来上がる前の苦労、今後に向けての思いなどもお話しさせていただきました。

 

f:id:astrosuri:20160428230705j:plain

最後は、Astro Blaster Solutionsイメージの前で写真を1枚。

これはカメラマンさんに「こんな感じでお願いします!」とポーズをリクエストをされている瞬間です。

 

シャッターのタイミングを失敗しました・・

 

さいごに

f:id:astrosuri:20160428233149j:plain

実際の記事になるのはもう少し先ですが、公開されたら弊社facebookでもシェアさせていただきます

このブログや、SELECKさんの記事を読んでいただき、弊社に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいなと思います。

 

また、今回のようなデザイン領域のテーマや、圧倒的な処理速度と低コスト・短納期を実現させるシステムアーキテクチャについてなど、弊社を取材いただけるメディアの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ広報矢島まで!

 

お待ちしております!

 

《2016/06/27 追記》

記事掲載されました!是非ご覧ください。

seleck.cc