読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Astro SURI Holdings Inc. 広報ブログ

本物の基幹システムをつくるアストロ数理ホールディングスの広報ブログ。いろんな記事を書きます。

「ストアコンパリゾン」ってなに?過酷な販売競争を勝ち抜くために重要な、売り場作りの鍵

流通・小売業 アストロブラスターシリーズ アストロ数理ホールディングス 製品紹介

f:id:astrosuri:20151205152839j:plain

みなさま!こんにちは。

広報の矢島です。

 

みなさま、「ストアコンパリゾン」って知っていますか?

 

ストアコンパリゾンってなに?

競合店調査のこと。コンパリゾンとは比較の意味。
同業種または異業種の高業績店などを観察して、その店舗の特徴や動向を調べること。他店の良さを学び、それを自店舗に取り入れて業績向上を図ることを目的とする。 なお、ターゲットとする店舗について、定期的に観測することが有効とされる。 

ストアコンパリゾン(すとあこんぱりぞん)とは - コトバンク

例えば主婦の方は、近所にあるスーパーのチラシをいくつか見て、今日の夕飯を用意するのに、

  • どこで買い物をすれば一番安く買えるのか?
  • どこが一番品揃えがいいのか?
  • 行く時間に何かサービスをやっていないか?

のような観点で、買い物に行くお店を決めますよね。

このように、「同じ買い物をするなら一番気持ち良く・楽しく買い物ができるお店」として選んでもらえる店舗になるため、消費者目線・店舗経営目線の両視点から競合店を調査し、自店舗との比較を行います。

これがストアコンパリゾン。

他店に負けない商品展開・店舗運営には、なくてはならない業務の一つです。

 

ストアコンパリゾンの基本

業種・企業によって調査する対象や指標、方法はそれぞれですが、基本的にはこんなことを調査します。

f:id:astrosuri:20151205151530j:plain

  • 商品の品揃え(種類や在庫量)、価格帯
  • 商品陳列の方法、店頭POPなどのPR
  • タイムセールやプレゼントなどの販促企画
  • 販売員の接客手法など、スタッフナレッジ
  • 客層、時間帯による来店量などの様子

多くは同じ地域に出店している同業他店をいくつか調査し、それぞれ比較。対象地域の消費傾向をつかみ、自店の戦略を練ります。 

 

ストアコンパリゾンで大切なこと

1.調査・比較対象店舗は無作為に決めない。

ここでいう無作為というのは「目的ない調査・比較では意味がない」ということです。

調査・比較を行う際、何のために行うのか?をあらかじめ設定してから対象店舗を選びましょう。

店舗に依存しない情報、例えば出店地域の客層やお買い物が集中する時間帯などを重点的に調査したいのであれば、ランダムに対象店舗をピックアップします。

もしも新店出店のための調査を行いたいのであれば、その地域のベンチマークとなる店舗をあらかじめ確認してから、ストアコンパリゾンに向かいます。

出来たばかりの、オープンセールで集客をしている新店に調査へ行っても、データがブレて、欲しい情報を正確に得ることは出来ません。

 

2.時間軸の調査はすごく大切。

冒頭でも引用した通り、「コンパリゾンとは比較」を指します。

比較とは単純に自店と他店の比較だけではありません。

ひとつ、時間軸での比較はとても重要です。

ベンチマークとなる店舗に対して定量的な調査を行うことで、例えばここ3年で品揃えが豊富になった商品群やその推移、価格設定の変化を得ることができ、その情報をもとに、未来を予測することもできます。

また、その地域に住む消費者層の変化も見えてきます。

蓄積された調査データは、企業の大きな財産となります。

 

3.自店の調査も忘れずに。

調査比較は他店と自店の調査だけではありません。

「店舗規模やオープンしてからの期間、品揃え」などが近しいいくつかの自店同士を比較することで、既存の情報だけでは分からなかった出店地域の特色が見えてきます。

また同じような条件の店舗なのに売り上げに大きな差がある場合に、その要因を発見して課題化することもできます。

 

4.他業種の調査にも成功のヒントが潜んでいる。

店舗をリニューアルするときや、なかなか他店と差別化するための施策が見つからないときなど、全く異なる業種の調査を行うと良いかもしれません。

調査軸は通常の内容とは異なると思いますが、ディスプレイやPOPの作り方、イベント、タイアップ企画、販売員のナレッジなど、同業種からでは得られない店舗運営のための新鮮な情報が隠れています。

 

さいごに

私も一度、ストアコンパリゾンを経験したことがありますが、ものすごく大変です。

調査しなくてはいけない項目も、覚えなきゃいけない数字も多い、間違えたら調査の意味がなくなってしまいます。

でも、競合店の中でノート片手にじっくりメモすることは出来ません・・。

緊張の手汗で、手にメモしていた調査要点は全部消えていました・・。無駄足。

 

弊社ソリューションには基幹業務だけではなく、このストアコンパリゾン業務をサポートするシステムもあります。

f:id:astrosuri:20151205165259p:plain

導入企業が必要とする調査軸を反映したスマートフォンアプリと、収集したデータをリアルタイムで蓄積・共有してくれるレポートシステム。

時間のかかる調査・レポート化・社内共有をワンシステムで行えます。

 

もちろん経験と慣れで、調査の効率はぐっと高まりますが、新人スタッフにそのスキルが身につくまでには多くの時間と労力が必要です。

業務負担を軽減して、効率的なストアコンパリゾンを行いたいとご検討の際は、是非一度ご相談ください。

 

手汗でメモが消えることはなくなります。

www.astrolab.co.jp