読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Astro SURI Holdings Inc. 広報ブログ

本物の基幹システムをつくるアストロ数理ホールディングスの広報ブログ。いろんな記事を書きます。

なるほどなあーとTableau 10カンファレンスに行ってきて、基幹システムのあるべき姿を 少し考えてみた!

イベントレポート メンバーズブログシリーズ アストロブラスターシリーズ 基幹システム オンメモリーデータベース

f:id:astrosuri:20160401171109j:plain

こんにちは、こんばんは アストロ数理HD 営業の小玉です。

 

さて、転職してあっという間に3ヶ月ほど経ってしまいました!

色々とご挨拶も進み、更に案件も幾つか頂き本当にありがとうございます。
※まだご挨拶できていない方々、申し訳ございません。。。近々に。

 

さて、今までやってきたことと、今の会社でやって行きたいことが具体的に見えてきたタイミングで、先日ちょうどTableau 10カンファレンスにも参加して、少し整理できたので幾つか書いてみたいと思います。

f:id:astrosuri:20160624110636p:plain

【満席】Tableau 10 ロードショー - 東京 | Tableau Software

 

 

1、データの見える化→見せる化・見せびらかせ化

f:id:astrosuri:20160624113836p:plain

Tableau さんが設立ピクサー出身メンバーのクリエティブの話からスタート。

データの見える化→見せる化・見せびらかせ化を徹底的に追及して、拡大するビックデータ市場の中でで新しい価値を提供し続け成長して来ていることに関しては、すごく納得感があり、尊敬しないとなあと思った次第であります。

 

2、分析データの共有→ブラッシュアップ アラートダッシュボード

f:id:astrosuri:20160624114059p:plain

さらに、分析データを社内は当たり前ですが、同業種同士で共有しつつ、分析方法・アウトプットイメージをブラッシュアップしつつ。

分析現場の効率化、クオリティアップはもちろん、アウトプットされたものが風化せず、アラートダッシュボードとして、事業責任者含め関係者に気づきを与えられ、次の手が打てるようになるということに、とても共感しました。

 

3、今後の基幹システムに対してのニーズは? あるべき姿は?

f:id:astrosuri:20160624112631p:plain

さて、上記を基幹システムの話と併せて話をすると、Tableau で分析現場が大量データを手軽にどんどんブラッシュアップした分析アウトプットを、基幹システムにも早く・安く・確実に反映できるシステムアーキテクチャーが必要

その辺りのニーズがどんどん増えるんだろうなと肌で感じた次第です。

 

幸い弊社の基幹システム構築の考え方は、このような改修ニーズに対応できる思考があり、システムアーキテクチャーの要となる「メモリデータベースのCore Saver®」は、 

f:id:astrosuri:20160624105145p:plain

となっていて、基幹システムの今あるべき姿の一つ形になっていると思っております。


1億の生データを、1秒で処理・解析。

超高速アクセス・リアルタイム処理を実現。ビッグデータ時代のオンメモリーデータベースシステム。
Core Saverの詳細はこちらから!

www.astro-suri.co.jp

 

と、つらつら書きましたが、次回はデジタルマーケティングデータと基幹システムについても書きたいなあと思っております。

 

引き続き、弊社のAstro Blaster Solutionsを一緒に広めてくれる方を探しておりますので三茶でランチしながら色々お話しましょう!

(のらやもいいぞ 器がぬこ)

f:id:astrosuri:20160624105552p:plain

のらや三軒茶屋店 - 手打ち草部うどん のらや

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【取材いただきました!】システムにおけるデザインとは?人間中心設計で実現する、業務システムのUI

アストロ数理ホールディングス アストロブラスターシリーズ アストロラボ デザイン UI 木曜日は「コト」について

f:id:astrosuri:20160428202506j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

木曜は「コト」について。

 

こちらの写真に写っているのは、弊社チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)の久保。本ブログでは、企業ロゴの回で少し紹介させていただきました。

astrosuri.hatenablog.com

 

チーフ・デザイン・オフィサーって珍しい?

新しいWebサービスやアプリケーションが日々発信され続けている今、洗練されたデザインやインターフェースであることは、一般消費者が手にするサービスを選ぶ上で、当たり前の価値になっていますよね。

こういった領域で活躍する多くの企業では、チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)やチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)といった役職を設けるなど、デザインを事業における重要な位置付けとして考えることがとても多くなってきています。

Appleも、2015年に新たな役職としてCDOを設けたことが話題になっていました。

 

そんな中、たまに「業務システム開発の会社でCDOという役職があるのは少し珍しいね」とお声がけいただくことがあります。

 

でもでも。

毎日見るWebメディアも、毎日触る勤怠システムも、同じ人間が使うシステムなのであれば、同じようにデザインに重きをおくことは全然不思議なことではないはず。

弊社はそういった「人間が効率的に心地よく使うシステム」であることを前提に、システムのUIや、アーキテクチャ設計を考え、開発します。

 

その想いのもと企画・開発される弊社ソリューション「AstroBlasterシリーズ」。

久保はこのシリーズすべてのデザインを統括しています。

 

SELECKさんに取材いただきました!

今日は、システムにおけるデザインの役割や考え方ついて、久保へのインタビュー取材をいただきました!

取材いただいたのは、「ビジネスに役立つ知識・経験が集まるビジネスメディア」をテーマに記事を配信している、WEBメディア「SELECK」さん。

seleck.cc

エンジニアやデザイナーにとってのライフハックはもちろん、プロジェクト管理やセールス、バックオフィス業務など、企業経営にかかわる様々な情報が集まっています。

話題のスタートアップが語る自社プロダクト開発の裏側や事例など、興味深い情報が満載です!

 

実際の取材内容は、SELECKさんの記事をお楽しみに!

ここではどんな様子だったのか写真を撮らせていただいたので、すこーしレポートします。

 

これまでの経緯や、会社設立のきっかけからインタビュー開始

f:id:astrosuri:20160428203922j:plain

久保です。

インタビュアーの方から質問をいただく形で、今までの経歴やこの会社を設立するに至った経緯、今考える自分のミッションなどなど話題が展開されました。

私自身、広報=ブランディングにかかわる業務として久保と常に連携をとっていますが、初めて聞く話しもあったり。。新鮮でした。

f:id:astrosuri:20160428222832j:plain

インタビューの様子を写真撮影いただきながら進みました。

なぜか写らないわたしが少し緊張・・

 

弊社の製品や独自の開発手法に関連するお話しも

f:id:astrosuri:20160428223104j:plain

 インタビュー中盤では、弊社ソリューションの話題に。

 

「人間が効率的に心地よく使うシステム」を作り上げるために何よりも重要な、独自の開発アプローチについてもお話しさせていただきました。

f:id:astrosuri:20160428223902j:plain

従来のシステム開発では、まず担当者や、お客様の業務プロセスを管理・提案するコンサルタントが、要件定義を行います。そこで固まった要件に従ってエンジニアチームが開発を行い、最後にデザイナーが、フロントのデザインを行います。

 

しかしこのフローにおけるデザイナーの役割は、あくまで「スタイリング」。

開発が完了している時点で、デザイナーが施せるのは見た目の調整までで、業務の流れに沿ったユーザの動線に最適な画面のデザイン、つまり画面設計は、デザインの専門家ではないエンジニアが対応してしまった、といった状況になります。

その結果、ユーザが求める本当の使いやすさは担保されなくなってしまいます。

 

AstroBlasterの開発手法では、まず業務調査からプロジェクトを開始し、そこで最適化された業務フローをシステムに反映するための要件定義には、コンサルタント・エンジニア・デザイナーすべてが関わります。

業務フローに沿った設計・デザインを固めた上で、システムのプロトタイプとなるモックアップをデザインチームが作成。お客様に、実際自分たちが使うことになるシステムの想定画面を見ていただきながら要件を詰めていきます。

ここでデザイナーが入ることで、システムの設計にユーザ視点が反映され、お客様との認識のズレを解消しながら開発に進んでいくことができるようになります。

f:id:astrosuri:20160428225045j:plain

実際に久保が携わっていた開発プロジェクトの事例をあげながら、まだ今の設計ルールや弊社オリジナルのライブラリが出来上がる前の苦労、今後に向けての思いなどもお話しさせていただきました。

 

f:id:astrosuri:20160428230705j:plain

最後は、Astro Blaster Solutionsイメージの前で写真を1枚。

これはカメラマンさんに「こんな感じでお願いします!」とポーズをリクエストをされている瞬間です。

 

シャッターのタイミングを失敗しました・・

 

さいごに

f:id:astrosuri:20160428233149j:plain

実際の記事になるのはもう少し先ですが、公開されたら弊社facebookでもシェアさせていただきます!

このブログや、SELECKさんの記事を読んでいただき、弊社に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいなと思います。

 

また、今回のようなデザイン領域のテーマや、圧倒的な処理速度と低コスト・短納期を実現させるシステムアーキテクチャについてなど、弊社を取材いただけるメディアの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ広報矢島まで!

 

お待ちしております!

 

《2016/06/27 追記》

記事掲載されました!是非ご覧ください。

seleck.cc

なぜ転職?って多く聞かれたので、まとめてみました。広告畑26年のおじさんが、『本物の基幹システムを作る』会社に入ってみて。

アストロ数理ホールディングス ワークスタイル 三軒茶屋 社員紹介 メンバーズブログシリーズ

f:id:astrosuri:20160401171109j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

火曜〜木曜、各曜日にテーマを決めて不定期に配信をしているこの広報ブログですが、新しいシリーズが始まります。

 

こちらも不定期ですが金曜日に、私以外のグループ社員メンバーが書くブログをお届けします。テーマは様々です。

第1回の今日は、3月に新しくアストロ数理ホールディングスに営業として入社したメンバーの記事をお届けします!

 

なぜ転職?って多く聞かれたので、まとめてみました。広告畑26年のおじさんが、『本物の基幹システムを作る』会社に入ってみて。

こんにちは、こんばんは。

3/22よりアストロ数理ホールディングに入社した 小玉 勝徳です。

 

前職は、リアルの広告会社で12年少し、ネット企業グループのWEB広告関連会社で13年、広告・マーケティング一筋に仕事をして来ました。

そんなおじさんが、なぜ?システム会社に入ったの?どうしたの?というお話を頂く機会が多かったので、弊社の広報ブログで少しお話させてもらいます。

 

f:id:astrosuri:20160401184141p:plain

慣れないMacBooK Air 使ってますw Windows95からの人なので。

 

前職ではWEB広告の黎明期から様々な事を経験させて頂き、色んな方に本当にお世話になって感謝しかないのですが、デジタル情報革命が進む中で、広告・マーケティング領域でも大きな壁を感じていたタイミングでもありました。

 

zuuonline.com

この記事は参考になったので掲載させて頂きましたが、広告業界に対して、システム領域の会社やコンサル会社がどんどん領域を広げてきているなあと感じております。

マーケティングオートメーションやBIツール関連にも興味はあるのですが、そもそも、企業が顧客に対してブランド接点を拡大しつつ、見込み客との接触を増やし顧客化し、継続的にコミニュケーションを取っていく事のお手伝いは、今後もやって行くのですがそのプロセスを今までの広告起点とは真逆にして、基幹システム・顧客DBからの起点で考えるもの有りかと思い今の環境に飛び込んでみました。

 

f:id:astrosuri:20160401190526j:plain

実際に中に入ってみると、まだまだチューニングする所は沢山あるのですが、弊社の強い武器

  1. 数理技研の圧倒的技術力
  2. UXの考え方+クリエイティブ力

と、システムの企画〜実装アプローチである、

  • A.従来型と違うシステム導入アプローチ
  • B.人間中心設計
  • C.システムアーキテクチャと機能のデザイン

を、世の中に広めたいと思っております。

 

弊社の事をどんどん詳しく説明に行きたいので、是非ご連絡下さいませ!

また、弊社で一緒に働いてくれる方も絶賛募集中なので、併せてご一報頂けますと幸いです。

 

三茶はいいぞ!是非ランチ行きましょう!

f:id:astrosuri:20160401184733j:plain

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

アストロ数理ホールディングスのYoutubeチャンネルができました!

アストロ数理ホールディングス アストロブラスターシリーズ お知らせ 製品紹介 火曜日は「モノ」について

f:id:astrosuri:20160329170823j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

火曜は「モノ」について。

今日は、先週の金曜日に公開されたアストロ数理ホールディングスの公式Youtubeチャンネルについてご紹介いたします!


 

公式Youtubeチャンネルでは

f:id:astrosuri:20160329182110j:plain

アストロ数理ホールディングスのYoutubeチャンネルでは、

  • ブランドイメージムービー
  • 製品紹介動画
  • 導入企業さまインタビュー
  • イベントレポート

などなど。製品や弊社に関わる様々な映像コンテンツを公開してまいります。

 

現在公開中のコンテンツをいくつかご紹介

現在は、先日参加したリテールテックの会場にて上映していた映像をいくつか公開しています。

astrosuri.hatenablog.com

 


Astro SURI Holdings Inc.

まず、ブランドイメージムービー。

企業ロゴのコンセプトをベースに作られた映像の中で、弊社で展開しているソリューション相関図が次々と展開されます。

astrosuri.hatenablog.com

 

社内で運用されているすべての業務システムが、「ワンコセンプト」でデザイン・設計されていることって、実は業務の効率化に大きな影響を及ぼします。

社内の異動や体制変更、事業拡張などが頻繁にある企業は特にそうです。

 

映像の中で、製品同士を縦横につなぐ線。

これは、私たちが提供しているのはただのプロダクトではなく、現場同士の業務効率と課題解決の追求を実現する「ソリューション」である、という意味が込められています。

 


Astro Blaster Solutionで変革するビジネスの現場《3つのポイント》

次に、AstroBlasterの特徴を1分弱にまとめた映像。

導入によるメリットが簡単にまとめられています。ぜひ!

 

他には導入企業さまのインタビュー動画が公開されています。


導入企業インタビュー|販売サポート顧客管理システム「Astro Blaster for Customer Data」

公開中の3本は、株式会社AOKIホールディングスさまの事例。

導入前に抱えていた課題から、アストロブラスター導入後の変化についてお話しいただきました。

 

さいごに

これからは映像も使って、みなさまにより多くの情報をお届けできればと思っております。

また新しいコンテンツは広報BLOGや、弊社facebookページでもお知らせいたします。

Youtube公式チャンネルを、どうぞ宜しくお願いします!

3月8日から4日間、リテールテックに出展いたしました!

アストロ数理ホールディングス アストロブラスターシリーズ イベントレポート 流通・小売業 製品紹介 木曜日は「コト」について

f:id:astrosuri:20160324205940j:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

木曜は「コト」について。

先々週ビッグサイトで開催された、流通・小売業社様向けの製品展示会「リテールテックJAPAN 2016」に出展してまいりました!

今日はイベント当日の様子をレポートしたいと思います。

 

昨年を上回る来場者数

f:id:astrosuri:20160324210443j:plain

毎年3月に開催されるリテールテック。この来場者層をターゲットにした同じ種類の展示会の中では、国内最大規模のもの。

今年は、開催期間の約半分が雨というあいにくの天気でしたが、連日開場前から多くのお客様が入場口前に並んでいました。

f:id:astrosuri:20160324210930j:plain

主催者が発表した今年の来場者数は、昨年よりも約5,000人多い129,448人(SECURITY SHOW 2016との合算)。同時開催していた、NIKKEI MESSE全体のイベントで見ると、208,195人もの方々がビッグサイトを訪れたようです。

会場の中は、暑かったです・・!

messe.nikkei.co.jp

 

アストロ数理ホールディングスとしては初出展

f:id:astrosuri:20160324211442j:plain

コーポレートカラーである黒と白をベースにしたブース。企業理念でもある「本物の基幹システムをつくる」というメッセージがのったメインタワーは、少し離れた入り口や開場の奥から見ても目立っていました!

f:id:astrosuri:20160324213640j:plain

今年も多くのお客様にお立ち寄りいただき、製品をご案内することができました。4箇所あったデモンストレーションエリアは満席になることも多く、サブで用意していたiPad6台も全て稼働する場面も。本当にありがとうございます!

昨年は、ホールディングスでグループになる前の数理技研と、アストロラボで共同出展をしていて、「去年も見ました!」「今年は新しい製品はあるんですか?」などお声がけいただくことも多々あり、とても嬉しい気持ちで製品をご紹介させていただきました。

 

ブースで皆様にご案内したもの

f:id:astrosuri:20160324211844j:plain

今年は全部で4つの製品を展示。中でも、今回初展示となったのが、生鮮食品店やスーパーマーケット、コンビニエンスストアさま向けのMD基幹システム「Astro Blaster for Supermarket」です。

雑貨向けの基幹システム「Astro Blaster for Merchandising」との大きな違いとしては、食品業ならではの「生ものを管理する」という考え方です。

また、このシステムを使うシーン・情景も想定した画面設計も特徴。他のシステムと違って鮮やかで大きなボタンが付いているのは、ダンボールやコンテナが積まれた薄暗いバックヤードで、ひっきりなしの品出しや在庫チェックをする中でも操作しやすくするためです。

▼機能など、詳しくはこちら

www.astrolab.co.jp

 

f:id:astrosuri:20160324215122j:plain

また弊社の特徴でもある、「1億レコードを1秒で分析する」という圧倒的な処理速度を実現しているCore Saver®についてや、完成品が見える要件定義についても、製品と合わせてご紹介させていただきました。

 

 製品導入企業様のインタビューや、デモンストレーションステージも

f:id:astrosuri:20160324220040j:plain

開場のメイン通路に接する大きなモニターでは、随時導入企業様のインタビュー動画を公開していました。

実際に導入してどのように現場が変わったのかという内容で、ステージ前の椅子に座って見てくださる方もいらっしゃいました。

f:id:astrosuri:20160324220440j:plain

また、30分に1回行った3種類のデモンストレーションステージでは、実際の操作画面をご覧いただきながら製品のポイントをご紹介させていただきました。

f:id:astrosuri:20160324220948j:plain

www.astrolab.co.jp

www.astrolab.co.jp

さいごに

当日ブースにお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました!

弊社ソリューションはいかがでしたでしょうか?4日間参加し、弊社ブースには、昨年の約1.5倍以上の方にお立ち寄りいただくことができました。

また今後も定期的な展示会で、多くのお客様へ実際に製品を触っていただくことができればと考えています。

また会期中都合が悪く来場いただけなかった企業さまや、時間がなくデモができなかった担当者さまは、ぜひ直接担当が伺わせていただきます!

 

また次回の展示会も、お待ちしております。

 

本日より採用説明会も開始しました!2017新卒採用特設サイトを公開中

アストロ数理ホールディングス 採用情報

f:id:astrosuri:20160322183835p:plain

みなさま!こんばんは。

広報の矢島です。

 

火曜日は「モノ」について。

 

3月1日から情報解禁された2017年新卒採用。

アストロ数理ホールディングスでも、来年卒業を予定している学生の皆さんを大募集!今日から五反田の数理技研オフィスで会社説明会も始まっております。

マイナビ2017 - 【2017年入社・会社説明会】アストロ数理ホールディングス

 

今日は、新卒採用に向け公開されている特設サイトをご紹介いたします。

2017年新卒採用ページ|株式会社アストロ数理ホールディングス

 

こんな想いを抱えた学生を待っています!

 ページ冒頭では、学生へ向けたわたしたちの想いを掲載しています。

 

アストロ数理ホールディングスは、企画・開発・運用といた、企業へシステムを導入するために必要なすべてのフェーズを、ワンストップで対応できるグループ体制をとっています。

つまり、すべてを経験して最も自分に最適な職種を見つけることができたり、力をつけたい分野を徹底的に学ぶことができる、という環境です。 

f:id:astrosuri:20160322194314j:plain

今回の募集職種は2つ。「ITコンサルタント」と「ソフトウェアプログラマ」。

プログラマーであれば上流工程からプロジェクトに参画して、幅広い現場経験と技術力を学び、自分が開発したシステムがどのように運用されているかまでをきちんと知る。

コンサルタントであれば、経験豊富な先輩と共に様々な業態のお客様の現場を知ることで知識を身につけ、その中で課題発見能力と提案力を養う。

 

その上で自分にあった職種が他にもあるのではないか?と感じた時はチャレンジできる。

 

この環境を最大限有効活用し、自分の成長に向けて貪欲に向かっていける人を私たちは待っています。

 

新卒入社18年のベテラン先輩も!社員紹介エリア

f:id:astrosuri:20160426204454p:plain

ホールディングスを始め、各グループ会社の職種も様々なメンバーを紹介しています。

中には新卒入社で18年も務めているベテラン社員も。

 

採用までの流れと会社の紹介

f:id:astrosuri:20160322210831j:plain

募集している2職種とも、同じフローで採用は進みます。

まずは説明会に参加いただき、エントリーをお願いします。

 

選考は、1回の筆記試験と2回の面接の全3回。

面接では、自分はどんなビジョンを描き、この会社で何を達成したいのか、今抱えている想いを教えてください。

入社後は数理技研にて3ヶ月の新人研修を行い、その後本人の希望と適正に応じ、ホールディングス、もしくは各事業会社に配属が決定します。

 

その下に続くグループ体制にも書かれていますが、各社得意な分野は様々です。

また入社後の新人研修はもちろんですが、当グループは入社後の研修体制にも力を入れています。このブログでも何度か紹介した数理アカデミアはその一つ。

astrosuri.hatenablog.com

 

どこで自分の能力を発揮したいのか、どんな成果を出したいのか、是非イメージする参考にしてください。

 

さいごに

大学4年生のみなさんはここから内定が決まるまで、心が休まらない日が続くと思いますが、大学を卒業して1社目の会社選びはとっても重要。

初めて社会に出るこのタイミングで、自分の将来に向けて必要な会社はどこか、何を得たいのかを明確に、そしてその中で見つけた希望の企業へ就職できるよう、頑張ってください!

 

アストロ数理ホールディングス、おすすめです!!笑

皆様のご応募、お待ちしております!

 

 

▼エントリーはこちら《マイナビ2017》

(株)アストロ数理ホールディングス - マイナビ2017

【オフィス紹介】アストロラボ vol.03 コンセプトが異なる3つのカンファレンスルーム

アストロラボ アストロ数理ホールディングス オフィス紹介 火曜日は「モノ」について 三軒茶屋

f:id:astrosuri:20160216163141j:plain

みなさま!こんにちは。

広報の矢島です。

 

火曜日は「モノ」について書きます。

アストロラボオフィスツアー第3弾です。

 

▼第1弾のエントランス・ラウンジ編

astrosuri.hatenablog.com

▼第2弾のオフィススペース編

astrosuri.hatenablog.com

 

廊下に並ぶ3つの扉

f:id:astrosuri:20160216163659j:plain

ご来社いただいたお客様をお通しするのが、カンファレンスルーム。

f:id:astrosuri:20160216164639j:plain

それぞれ内装のイメージが異なる3つの部屋には、番号ではなく「APOLLO」「CASSINI」「SPUTNIK」と有名な宇宙船(飛行計画)や探査機の名前がついています。

f:id:astrosuri:20160216181142j:plain

3の部屋につながる通路にはアンティークのお客様用ハンガーラックとお水の冷蔵庫。なんだか宇宙船に乗り込む前の控え室のようです。

 

宇宙史にその名前を刻む「APOLLO

f:id:astrosuri:20160216170050j:plain

NASAが1961年から1972年にかけて実施した、人類初、月への有人宇宙飛行計画「アポロ計画」。宇宙!ロケット!と聞くとアポロという名前が連想される方も多いのではないでしょうか?

そんな宇宙のイメージが最も濃いAPOLLOは、宇宙空間のような黒を基調としています。

壁に並ぶ2台の大きなモニターは、テーブルの真ん中にあるHDMI端子とつながっていて、画面を参加者で共有しながら打ち合わせを行うことができます。

f:id:astrosuri:20160216174116j:plain

モニターの隣にある白い壁面はガラス製。ホワイトボードマーカーが使えます。

f:id:astrosuri:20160216174958j:plain

この部屋は、背もたれが高くてクッション性のある椅子なので、お客様との打ち合わせだけでなく、少人数で行う社内のプロジェクトMTGで使われることも多いです。

 

ちなみにアストロラボの少し変わった独自の休暇制度にもAPOLLOの名前がついています。 

astrosuri.hatenablog.com

 

スイングバイで宇宙をめぐる惑星探査機「CASSINI

f:id:astrosuri:20160216180434j:plain

NASAESAの開発で、1997年に打ち上げられた惑星探査機「CASSINI」。

CASSINIは金星・地球・木星、それぞれの惑星が持つ引力を使って進み、目的地である土星の輪や衛生を探索しました。

無人惑星探査機の名前がついていますが、この部屋がなんだか一番宇宙船っぽい!

f:id:astrosuri:20160216181946j:plain

窓も大きくて、晴れの日は気持ちのいい景色が広がります!

三軒茶屋周辺は高い建物が少なく、雲がなければ遠くの富士山まで一望できます。

個人的には建物の明かりと夕日が綺麗な、夕方の景色がオススメです。

f:id:astrosuri:20160216182127j:plain

 

世界初の人工衛星「SPUTNIK」

f:id:astrosuri:20160216183409j:plain

1950年代後半に旧ソ連によって行われた、地球の軌道上に無人の人工衛星を打ち上げる計画がSPUTNIK計画。SPUTNIK1号は、世界初の人工衛星です。

当時、科学技術を牽引していたアメリカは、旧ソ連が行ったこの計画に衝撃を受け、NASAを設立したそう。(Wikipedia調べ)

宇宙史発展の原点とも言える?SPUTNIKの名がついたこの部屋は、3つの部屋の中で一番広い10名用。社内MTGでもお客様との打ち合わせも、最も使われています。

 

木とダウンライトの温かみが気持ち良く、また夜は一転ムードある印象です。

f:id:astrosuri:20160216184416j:plain

この部屋だけは壁面にオーダーの黒板が設置されて、会社の大事な方針を決定する会議など活用されています。

f:id:astrosuri:20160216184830j:plain

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

最近では、以前紹介したラウンジルームのストレッチマシーンや、アポロ休暇をきっかけに当社を知っていただき、オフィス見学に来てくださる企業の方も。

他の企業の方々はどんな取り組みをされているのかお話を聞ける貴重な機会で、とても勉強になっています!

 

ご興味があれば是非!

矢島がご案内させていただきます。